株式会社大三商行

プレカット事業の説明
沿革タイトル
昭和13年 6月  

社長石川伍市が大阪市大正区小林町145番地に於て内・外材の販売を目的とし、
資本金19.5万円をもって株式会社大三商行を設立。

設立当時写真

昭和18年 5月   戦時中企業統合のため解散
昭和22年12月   岡山市東田町8番地にて石川商店として個人営業。
昭和25年 8月   資本金50万円をもって株式会社大三商行を再興。
昭和27年 7月     資本金166万円に増資。
昭和30年 6月     資本金800万円に増資。
昭和31年 6月     資本金1,000万円に増資。
昭和38年 9月     資本金3,600万円に増資。
岡山県玉野市田井の旧塩田買収、水面貯木場並に工場用地に改造。
近代化を誇る製材工場落成、稼働に入る。
昭和39年11月     第二製材工場落成、稼働に入る。
昭和42年 4月     資本金8,800万円に増資。
昭和42年 4月     千葉県市原市に於て用地買収、水面貯木場並に工場用地造成、支店設置と共に
外材の営業開始。
昭和43年 7月     木材専用貨物船「大三丸」進水、業務開始。
昭和44年 3月     資本金15,000万円に増資。
千葉県市原市八幡に県下一位を誇る近代合理化工場の建設、稼働に入る。
昭和45年 4月     宅地、建物取扱業の免許を取得、宅地造成の業務開始。
昭和46年 6月     資本金27,000万円に増資。
昭和46年10月     埼玉県東松山市に用地買収、東松山木材センター設置。
昭和47年 2月     千葉県市原市に市原木材センター設置。
昭和47年 3月     千葉県市原市に千葉支店ビル落成、支店移転。
昭和48年 7月     資本金49,005万円に増資。
昭和52年11月     千葉港内に本船繁船用プライベートブイ新設、
千葉県の竣工検査許可をまって初荷役を行う。
昭和56年 8月     玉野市日比にチップヤード設置。
昭和60年 5月     石川伍市代表取締役会長に就任。
石川靖彦代表取締役社長に就任。
平成 2年10月     千葉貯木場跡地にゴルフ練習場建設、営業開始。
兵庫県尼崎市社所有地に6階建てビル建設、マンション経営開始。
平成 3年 8月     本社住宅部を岡山市築港新町に移転。
平成 3年12月     玉野市田井新港に岡山県より用地買収(約20,000m2)野積倉庫開設。
外材原木の取扱(営業)開始。
平成 4年 8月     千葉支店に建材部発足。
平成 5年 9月     千葉製材工場跡地にプレカット工場完成、稼働、営業開始。
平成 6年 4月     玉野市田井製材工場跡地にUSKプレカット工場完成。
稼働、営業開始。
平成 7年 4月     千葉支店に住宅部発足。
平成 8年11月     千葉県市原市に新しく二階建て支店事務所完成、移転。
平成 9年 4月     日本製紙株式会社との合弁事業・株式会社サンテック(LVL製造)を設立し、営業開始。
平成11年10月     (株)大三商行を存続会社として、市川木材(株)、(株)大伍との対等合弁、
資本金を4億9,520万円とする。
平成13年 7月     宇野製材事業協同組合を解散、倉敷営業所を閉鎖し、
本社建材部と統合して住宅資材部として再生する。
平成13年 7月     千葉支店にプレカット第二工場竣工、稼働を始める。
平成13年11月     株式会社サンテックを清算、新たに株式会社大三商行サンテック事業部として事業継続。
平成13年11月     姫路営業所を閉鎖し、岡山住宅資材部の下に姫路出張所を開設。
平成14年 6月     大越秀樹代表取締役社長に就任。新生5ヶ年計画を発表。
平成14年10月     玉野貯木場跡地の再開発でショッピングモール、展開開始。
平成16年 6月     現在地に本社を移転。
平成17年10月     千葉県東金市に千葉東金プレカット工場完成、営業開始。
平成20年 9月     宮崎県日向市にLVL第二工場完成、営業開始。
平成22年 1月     玉野市田井の岡山プレカット工場の製造ラインを一新。
平成24年 2月     玉野市田井に集合住宅”ミッドタウンTAMANO”完成。
平成25年12月   千葉県東金市に千葉東金プレカット第二工場完成、営業開始。
平成28年6月     大越秀樹代表取締役会長に就任。
石川和重代表取締役社長に就任。